1. HOME
  2. ブログ
  3. 宇宙での次の主演はあなた?!

宇宙での次の主演はあなた?!

宇宙での次の主演はあなた?!

おもしろいニュースが入ってきました。

ハリウッド俳優のトム・クルーズがスペースXやNASAと宇宙での映画撮影を企画していると、複数のメディアが報じています。

NASAのジム・ブライデンスタイン長官もツイートで明らかにしているので、確度が高い情報のようです。

みなさんは、宇宙を題材にした映画といえば何を思い浮かべますか?

————–

筆者の好みで3つ取り上げてみます^^

1. ゼロ・グラビティ (原題: GRAVITY) 2013年

冒頭の17分間におよぶワンカット映像をはじめ、アルフォンソ・キュアロン監督による拘り抜かれた無重力表現が圧巻。この映画の最後のシーンほど、「重さ」を感じた映像表現は他にはないでしょう。

2. 月に囚われた男 (原題:MOON) 2009年

地球に必要不可欠なエネルギー源を採掘するため月面基地に滞在中のサム・ベル。任務完了まではあと2週間。ようやく地球に戻れるはずが、、、というSFスリラー。事前情報を入れずに観た方が、きっと楽しめます。数々の往年のSF映画をオマージュした映像も美しい。

3. ガタカ (原題: GATTACA) 1997年

遺伝子で管理された近未来。遺伝子操作された適正者のみが社会の上層にいける中で、劣性遺伝子をもつ不適正者とみなされた青年が、宇宙飛行士になる野望を叶えようとするヒューマンドラマ。若かりし頃のイーサン・ホーク、ユマ・サーマン、ジュード・ロウが好演。

————–

トム・クルーズの宇宙での新作がどのような作品になるか楽しみですよね。

そして、当ブログの過去記事でも取り上げたように、スペースX、ヴァージン・ギャラクティック、ブルーオリジンなどの民間宇宙開発企業の躍進により、誰もが宇宙に行ける時代が近づいています。

これからは、ハリウッドでデビューしなくても宇宙に行けます。

トム・クルーズの次の主演はあなたかも?!

さぁどんな物語にしましょうか。

月まで片道約3日で行けますから、かぐや姫にだってなれますよ。

映画は難しくても、スマホを持って宇宙から”ウチューバー”なら手軽に始められそうですね。

国連世界宇宙週間JAPANは、そんなあなたの宇宙エンターテイメントの夢も応援します。

まずは今年の国連世界宇宙週間(10月4日~10月10日)でリハーサルしましょう。

***メンバー募集***

国連世界宇宙週間JAPAN(“WSWJ”)では、実行委員と一緒に、国連世界宇宙週間を日本中に広め、イベントを作り上げていく仲間を募集しています。

宇宙をもっともっと身近なものにして、宇宙と私たちの社会をつなげ、私たちの暮らしを「ワクワク」輝くものに。

あなたの自由な発想と宇宙への情熱で、WSWJを盛り上げてください。

ご応募お待ちしております!

詳しくはこちらから↓
エヴァンジェリスト募集

関連記事