1. HOME
  2. 特集
  3. 国連世界宇宙週間JAPANアワード2020 特集ページ

SPECIAL

特集

国連世界宇宙週間JAPANアワード2020 特集ページ

国連世界宇宙週間JAPANアワード2020宇宙×写真
宇宙×イラスト

宇宙×スポーツ?
「宇宙×〇〇」な作品を大募集!

🌟宇宙への想いをお寄せください🌟

支援のお願い

このアワードは皆さんのご支援によって成り立っています。本当にありがとうございます。
クラウドファンディングより皆さんのお気持ちをお寄せ下さい!
このアワードを含むASTRAX国連世界宇宙週間実行員会の運営費および国連世界宇宙週間の国際本部(World Space Week Association)への寄付として大切に使わせていただきます。

【アワードについて
 ご応募いただいた作品の中から、ASTRAX国連世界宇宙週間実行委員会メンバーが気になる作品をチョイスし、表彰させていただきます。
また、みなさまの作品を集めて宇宙週間の本部(World Space Week Asociation)へもお届けする予定です。

【募集期間
 募集は締め切りました。たくさんのご応募ありがとうございました。

応募方法
上記の期間にTwitter、Instagram、Facebookのいずれかにハッシュタグを付けてイベント内容(動画、画像、テキストなど)を投稿するだけ!

公開設定で投稿してください。
ハッシュタグは以下3つ。
#WSWJ
#作品タイトル(ご自身の作品名を書いてください)
#部門名(下記17部門の中からお選びください。複数可。例:#お月見部門 #飲食部門)

国連世界宇宙週間JAPANアワード2020募集部門

国連世界宇宙週間JAPANアワード2020募集部門。詳細は下記参照。

国連世界宇宙週間JAPAN2020アワード

カッコいいアワードがあなたの手に?!

たくさんのご応募お待ちしています!

何をしようか迷う?そんなみなさんは、まずは月・宇宙関連ビジネス・コミュニティ「ASTRAX月面シティ」にて月の土地を手にして、宇宙をグッと身近にするところからはじめてみてもよいかもしれません。そしてぜひ、月に関連する作品をお寄せくださいね。

ASTRAX 月面シティ

「ASTRAX月面シティ」

【募集部門の詳細

アワード部門-お月見 きれいな月の姿や月夜の宴の様子を、写真やイラストで。(2020年は10月2日(土)が満月です)
アワード部門-ジュエリー 宇宙とジュエリー(宝石)を掛け合わせたアナタならではのイメージを。
アワード部門-音楽 宇宙への想いを音楽に乗せて歌や曲を披露してください。
宇宙での持続的な暮らしの提案をお待ちしています。
貴社のSDGsの取組みを、
宇宙に絡めてアピールしていただいてもOKです。
宇宙を表したメニュー、SF映画に登場した食事を再現など可能性は無限。
アルマゲ丼プロジェクトへのご応募もぜひ。
アワード部門-大喜利 国連世界宇宙週間JAPAN(World Space Week Japan)を
意味するWSWJの4文字を、思う存分もじってください。
アワード部門-服飾 せっかくの宇宙旅行。どんな服を来ていきますか?アイデアを大募集。
アワード部門-ダンス 宇宙を踊りで表現してください。10人で一斉にムーンウォーク?
無重力ってどう表現してみますか?
イラストを描く方お待たせ致しました!
アナログ・CG・マンガ様々な媒体可能です!
演劇を宇宙に関連するお話でやってみませんか?古来の話でいえば
竹取物語なんかも入りますね、演劇に関する物ならなんでもOK!
宇宙で文章で”宇宙への想いを様々な形で
エッセイ、詩、ショートストーリー等
様々な形で表現してみませんか?
宇宙のコスプレ!SF!未来!無限の可能性のある
コスプレをお願い致します
民間宇宙ビジネス!今や宇宙は民間の物へどんどん近づいております!
あなたの暖めていた宇宙ビジネスをここで披露して下さい!
※応募は国策に関わらない純粋な民間事業に限らせて頂きます。
宇宙と図工!ハサミ・ノリを使って宇宙を表現!
ミニチュア?ジオラマ?昔の夏休みの自由研究を思い出して
作ってみましょう!
川柳で宇宙とはなんて風流な。
貴方の川柳で宇宙を表現してみませんか?
星空そのものでも宇宙写真でも、なんでもOK!
貴方の宇宙を写真で表現してみて下さい。
最後の部門は「なんでも」です!どの部門もしっくりこない方!
このなんでも部門があなたのどんな作品でも受け止めます!
宇宙に関わればなんでもOK!

【動画】
🌟予告編2

🌟予告編1

国連世界宇宙週間JAPANは、みなさまのご支援で運営されています。クラウドファンディングにご協力のほど、よろしくお願いいたします。

国連世界宇宙週間JAPANクラウドファンディング

https://camp-fire.jp/projects/view/319805